ひろせ幼稚園 第1 第2
ホーム
園長あいさつ
保育内容
幼稚園での一日
課外教室
年間行事
入園案内
Q&A
卒園場・保護者の声
お知らせ
お問合せ・資料請求
スクールバス
幼稚園概要・所在地
第一ひろせ幼稚園
第二ひろせ幼稚園
勉強をさせると子供がイライラして、嫌な性格になるのでは?
ひろせは勉強幼稚園と言われているので、みんなギスギスしているのではないかと心配です。

勉強に対してイライラを感じる子供は、勉強を「難しくて嫌なもの」と思う子供です。ひろせ幼稚園では、数字や文字、音感などに対して「難しい」と思う前に日々の保育の中で興味の種を蒔いているのです。ひろせに通った子供たちはみんな賢くなりますが、理解力、想像力も備えさせるため、人に対する優しさも持っています。ひろせの子供たちの様子を見学された方からは、「勉強ばかりしているとは思えないほど子供らしい活き活きとした姿をしていた」「子供たちに心の余裕が感じられる行事だった」等の感想をいただいております。皆様もご見学いただければおわかりいただけるはずです。

なぜ、木下式音感教育法を取り入れているのですか?
木下式は「音感かるた」を用いた言語教育(日本語教育)を行いながら、音楽の基礎能力"正しい声で歌う・音を聴き分ける・音符を読む・音符を書く"を教える幼児の音楽教育です。この教育を受けると、音楽だけでなく、集中力や忍耐力が身につくことがわかっています。ひろせ幼稚園では昭和51年より、この教育法を採り入れ、園の要の教育としています。子供たちが、一生懸命歌う姿を見ていただければ、木下式の成果をわかっていただけるはずです。
「東京合同音楽祭」で歌う子供たちのビデオを一般の方にも貸し出しております。お気軽にお問合せください。

なぜ、石井式漢字教育を行っているのですか?
漢字教育というと難しく聞こえますが、決して漢字を教えているわけではありません。漢字を使い、身近な言葉、具体的な言葉でお話の世界を広げ子供の興味を集めるのです。漢字は見た瞬間、具体性を持つすばらしい文字です。「花」はあのきれいな花がすぐに頭の中に浮かびます。しかし、平仮名の「はな」では、「花」なのか「鼻」なのか瞬時にはわかりません。漢字を通して子供たちの想像力の世界を広げ、言語能力を高めます。
英語教育は誰がどのように行っているのですか?
外国人の先生と、ゲームなどを交え、自然に楽しく英語(ネイティヴイングリッシュ)を学びます。いろんな国の先生と接することにより、幼児期に生きた英語に親しませ英語に対する興味の種を蒔いているのです。
なぜプリントをさせるのですか?
頭の知的回路をひらくためには、目と耳と手の共同作業が大切です。文字や数に興味を持ち始めるこの時期に、プリント活動をとおして思考力や想像力を育てます。子供たちはプリントを遊びの一環として取り組んでいますので、みんな「プリント」大好きです。
「こころの教育」を行っていると聞きましたが、なぜですか?
教育は「人間らしい心」を育てるためにするものです。生まれた時から家庭でもいろいろなかたちで両親から良いこと、いけないことを教えられてきます。いわゆる「しつけ」です。幼稚園では、子供たちが社会で自立していくために大切なルール(公衆道徳や人の関わりなど)を年齢に合った教材を使いながらみんなと話し合いながら心を育てます。
大きくなってから勉強させたのでは、なぜいけないのですか?
幼児期に家庭でのしつけを行い、人の話を聞ける子供、物事に興味を持つ子供に育てておけば、大きくなってから勉強を始めても苦手意識はないと思います。しかし、勉強に苦手意識のある子供が多いのも事実です。
ひろせ幼稚園では、幼児期に急速に発達する「あたま」と「からだ」を十分に働かせ、大きくなって自分から進んで勉強に取り組めるように、「集中力や学習に対する意欲」のある子供に育てています。ひろせ幼稚園の活動は、学校での勉強とは本質的に違いますが、幼稚園で身につけたことが学校の勉強で役に立っていると感謝されています。
途中入園は可能ですか?
空き状況や時期にもよりますが、ほぼ可能です。その際ご理解いただきたいことは、本園の保育内容が、3年及び2年のカリキュラムで組まれております。特に、音感教育、プリント活動においては、基礎が大変重要になっているという点です。そのため途中入園された場合、先生と1対1の時間をもち、基礎から始めます。
登園後、自由遊びの時間内から10分程度行い、できるだけお子様に負担のないよう進めながら周囲との進行を合わせていきます。基礎が定着するには、半年位かかります。そのため受け入れは無理のないように、年長クラスでは9月位までとし、年少クラス、年中クラスはどの時期でも途中入園が可能です。
詳しくは、お問い合わせください。